空色の童話 -詩集-

空は全てを包み込んでくれる 私の一番の友達♪

この背景は「Atelier Black/White様」の画像素材をお借りしています。
素敵な作品ばかりですので、是非ご訪問してくださいね。
どんな宝石よりも キラキラ輝く瞬間を 星屑にして 
雪降る聖夜に 降らせよう

貴方の生まれた時を 私は知らないけれど
貴方の幼い頃の景色に 私は居ないけれど

ふたり 時を飛び越え 今同じ空を見上げている

貴方が 子供の頃に描いた夢は 何 ?
貴方が 心から大切に思うものは 何 ?
 
高い空から 舞い降りる粉雪が
大きなモミの木を 白く包み込む


貴方が今 逢いたい人は 誰 ?
貴方が 心から信じている人は 誰 ?

ふたり 同じ惑星に生まれ この空と大地で 繋がっている

貴方の 優しい笑顔を 私は知っている
貴方の 手の温もりを 私は感じている
貴方の 声 香り 仕草 ・・・ 全てを ・・・

たくさんの想い出に 赤と緑のリボンを結び
夜空を流れる 星降るツリーに彩りをつける

クリスマスの夜
トナカイさんにも サンタさんにも 逢いたいけれど

一番 逢いたいのは ・・・


☆☆ メリークリスマス ☆☆



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/12/22
★ 私世界

青空を燃やすような 真っ赤な夕焼けの中
キラキラ輝く 真っ直ぐな 飛行機雲 ・・・

貴方だけに知らせたくて 携帯を握りしめたまま
高い空に 吸い込まれながら
心だけが 貴方のそばに 飛んでいく

いつも ・・・
気が付けば 貴方のことばかり
考えている
想っている
追い駆けている
まるで この世界に 貴方しかいないみたいに

もしかして ホント? 貴方しかいないの? 私世界

ときめきが増える度に 泣きたくなるの
きらめきが増える度に 逢いたくなるの

大空を飛ぶ チャーター便

今度 私世界に 貴方を招待するから
一瞬でもいい 一秒でもいいから
私の 願を 叶えて ・・・ 





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

真っ青な便箋に 白いペンで 手紙を書いた

「 お元気ですか? 」

真っ白な飛行機雲に 綴られた想い
澄み渡る大空を 滑空する


開け放された 貴方の部屋の窓
優しい風が 吹いたのなら
私の想いに 気付いてください


風に吹かれて 
何処までも何処までも 飛んでいく

「 ・・・・・ 」
紙飛行機に乗せて 貴方の元へ



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

今日も ・・・
ずっと 笑っていて 欲しいから
貴方の為に 何が出来るのかな ?

明日も ・・・
ずっと 幸せであって 欲しいから
貴方の為に 出来る事があるのかな ?

本当は ・・・
全て 私の為だって事 知っている
貴方の幸せは 私に続いているから


これからも ・・・
ずっとずっと 傍にいても いいですか ?
ずっとずっと 好きでいても いいですか ?




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/12/12
★ 冬空色

ずっと 冬が 好きだった
寒いのは 苦手な筈なのに 

研ぎ澄まされた 透明感
ピンと張り詰めた 空気

藍色の空に昇る太陽
空一面を 水色に染めていく

茜色の夕暮れ
星降る真夜中


そして ・・・
あの日 ・・・

指先から伝わる温もり
今も心の中 消えたりしない 


空から 舞い降りる雪
白い冬の 香りがする



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

何故 貴方に惹かれてしまったのだろう
容 姿 ?
性 格 ?
地 位 ?

何故 貴方を好きになってしまったのだろう 
優しさ ?
温もり ?
笑 顔 ?

どれも当て嵌まる様で 全て違う ・・・


どうして 貴方を愛してしまったのだろう
理由なんて 何処にもない
理由なんて 何の意味も持たない

想いは 思考回路を超え 
コントロールできなくなっていく

ただ 逢いたくて
ただ 愛おしくて
ただ 貴方と一緒がいいの

どうして 貴方と出逢ってしまったのだろう 
それは 奇跡 ?
それは 運命 ?


貴方と私が 此処に存在している
それだけのこと ・・・

でも それは ・・・ 
奇跡の様な 確率 ?


出逢ってしまったの
だから
もう 後戻りなんて 出来ない
もう 離れることなんて 有り得ない
 
きっと ・・・
それは ふたり前世から定められた 宿命




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/12/07
★ 私物語

Category :  空色の童話
絶望の淵から 奈落の底へ 落ちていく

どんなに 悲しく淋しくても
何度も何度も 泣き叫んでも


始まりがあれば 終わりがある

そして ・・・
だからこそ ・・・

終わりがあれば 始まりがある


ゴールは新たなるスタートラインに変わる

笑顔の盾と
優しさの剣を携え

地平線の彼方 ・・・ もっともっと
何処までも何処までも 遠くへ行ける筈


繋ぐのは 私物語 
怖くても 。。。  歩いて行こう 。。。
全てをエネルギーに変えて 私は負けない  !




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

Category :  空色の童話
静かに ・・・
緩やかに ・・・
ふたりの 刻を

貴方が 生まれた意味を 知ったのなら
私の 存在する意味を 教えてください


大切なものは ・・・ 

時間でもなく 
距離でもなく 
義務でもない


大切なものは ・・・

信じ合う 心  
求め合う 想 
支え合う 愛 

何億年も前から ずっとずっと 探していた 

全てが 崩壊しても
滅びない絆が 此処に存在する
何度引き裂かれても 解けない絆が存在する


過去に出逢い 未来に想いを重ねる 理由は ?

貴方が ・・・  私が ・・・ 
存在しない世界に 
ふたり 何の意味も 持たないから





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

プロフィール

sora

管理人:sora
・ 空色の童話
・ 星屑の童話
FC2ブログへようこそ!

空色の童話:sora

- お知らせ -
拙いブログですが・・・
「星屑の童話」共々
宜しくお願いします (*^^*)

07-09-08_15-55.jpg

20071009115756.jpg

DSCN0155.jpg

20071009115453.jpg

20071009120707.jpg

★はじめまして・・・★

どこまでも続く
青く透き通った高い空
今にも泣き出しそうな曇り空
星がキラキラ輝く
キレイな夜空 ☆
お月様はいつも私の内緒話を
黙って聞いてくれます
空は優しくて
心をあたたかく包んでくれます
どんな空も大好きです・・・☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ゆっくり マイペースで更新して
いきたいと思っています。
気が向いた時には
たまに遊びに来て下さいね♪
[ -詩集- ]
・届かない想い
・伝えたい気持ち
・創作の詩
・今の気持ち
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
掲載している詩&写真の
著作権は放棄していません。

★ 空色物語 ★

眠れない長い夜・・・
淋しくて涙が落ちそうな時
誰にも伝えられない想いを
いつも いつも・・・
空は黙って聞いてくれるね
空は優しく包み込んでくれるね
「お月様が いつかきっと
願いを叶えてくれるから」
“内緒だよ”って・・・
空がそっと教えてくれた

カテゴリー
空色の童話

とても大切な想いは
私の中で一番ならいい
そう思えるようになったの
近づけば近づく程に
貴方を遠くに感じて
壊れてしまうのが怖かった
貴方からも そして この想いから
何度も逃げ出したくなったの
淋しくて哀しくて
消えてしまいそうだった
でも もう大丈夫
大切なのは
私の中の気持ちだと気づいたの
私の中での一番が
ずっとずっと貴方である限り
この気持ちは壊れたりしないよね
その想いだけで大丈夫
その想いだけで幸せになれる
もう迷わないよ♪
私の中の一番は
ずっとずっと貴方だから・・・

想いを繋いで

Image259.jpg

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
空の写真:sora

P1000080.jpg

Image249.jpg

P1000077.jpg

最近の記事
素敵なリンク

リンク
空の写真:sora

20070913114016.jpg

20071122194326.jpg

20071115075243.jpg

20071112075142.jpg

2007.11.18.jpg

07-11-26_06-25.jpg

20071225113212.jpg

20071225113520.jpg

20071225113549.jpg

20071225113613.jpg

20071225113601.jpg