空色の童話 -詩集-

空は全てを包み込んでくれる 私の一番の友達♪

この背景は「Atelier Black/White様」の画像素材をお借りしています。
素敵な作品ばかりですので、是非ご訪問してくださいね。
Category :  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  空色の童話
新しい靴を買って
それだけで 何処か遠くまで行けるような気がしたんだ

理想の自分と 現実の自分の間で
戸惑ったり 迷ったり 自己嫌悪に陥ったり

人目ばかり気にしていた
周りばかりに囚われて 本当の自分を失くしていた


新しい靴を履いて
それだけで 何処までも歩いて行ける様な気がしたんだ

泣きたい時は 泣いていいんだよ
かっこつける意味なんて 何処にもないよ

大切な人が 困っていたら 「どうしたの?」って
手を差し伸べるでしょ?
大切な人が 苦しんでいたら 「大丈夫だよ」って
肩を抱いてあげるでしょ?

それ以上に 誰よりも大切なのは 
他の誰でもなく あなた自身なのだから

あなたが泣いていたら・・・
いっぱい 抱きしめてあげて
いっぱい 優しくしてあげて
あなた自身が 一番の あなたの理解者なのだから

新しい靴で 。。。 一歩ずつ 。。。
新しい靴で 。。。 何処までも 。。。

理想の自分も 現実の自分も あなた自身なのだから
二人三脚 地平線までだって 辿り着ける筈

笑って 泣いて 。。。 
何度も転んで 転んだ数だけ起き上がって

皆 同じ空の下
いろいろな思いを抱えて 歩いている
十人十色 同じ人間なんていないけど 
だから あなたの存在が 何よりも大切なんだ



スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/26
信じる力

ふたりの時間は 
いつも一瞬に過ぎてしまう

「“さよなら”なんて知らないもの」
拗ねる私に

「“またね”でしょ」
貴方の指が髪を撫でる

夜空のお月様は いつでも一緒 
どんな時でも 優しく包み込んでくれる

信じる想いが ふたりの絆を強くしていく
温もりだけを残して 今夜も夢の中へ
重ねた愛が今 時を越え
見上げた夜空に ふたりの笑顔 瞬いている・・・
 




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/23
最 愛

もう泣いたりしない
あの頃の私 甘えてばかりいて ごめんなさい

押し潰されそうな心 時の中を彷徨っていた
淋しさ 哀しさ 不安 苦しみ
全て自分の心が 作り出していたの 
きっと 何も理解していなかったんだね 

もっと・・・ もっと・・・
24時間 寄り添っていても 満たされない心
貴方の全てが 欲しかったの

もっと・・・ もっと・・・
365日 一緒に居ても 足りない心
貴方の全てが 知りたかったの

目に見えないものを 確かめようとしていたの
あんなに 愛されていたのに
あんなに 満たされていたのに


孤独を知って 貴方を理解した
逢えない時間 遠く離れた距離が 
想いの強さを 教えてくれた

何処に居ても 寄り添い繋がっている 心があることを
何があっても 不変することのない 想いがあることを
貴方が 諭してくれた
貴方が 信じさせてくれた

今なら 解かるの
貴方の囁きが 胸の鼓動を 熱く刻む音
貴方の愛が 全てを優しく包み込んでくれるから

何度擦れ違っても どんなに遠ざかっても
強い絆で結ばれた 運命のふたり

貴方と私・・・ 
何処に居ても前を向いて 同じ道を歩いていこう
繋いだ手の温もりは 消えたりしないから・・・




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/20
心の空

Category :  空色の童話
見上げた空 泣き出しそうな灰色雲
そんな時には 
心の中に 煌めく雪を 描いてみる


曇り空 星も月も 全てが遠く感じてしまう
そんな時には 
心の中 瞬く星屑を 描いてみる


朝が来て 夜が来て また朝が来る
そんな日常が とても愛おしい


今日も 明日も これから先も ・・・

あなたの笑顔が 私を元気にする
あなたの存在が 私を強くする



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/16
愛の呪文

Category :  新月の空
静かに 静かに 静かに 夜が更け
静かに 静かに 静かに 瞳を閉じる

時空を超え 今宵も 貴方に逢いに行く

貴方が気付かない この場所で
貴方が知らない この空間で

微睡み 
戯れ
翻弄され

何処までも 何処までも 舞い上がる  

綴られた 愛の呪文 ・・・
永遠に 心の奥へ 焼きつけて




コツコツ ・・・   コツコツ ・・・ 進む針
コツコツ ・・・   コツコツ ・・・ 逆回り

時空を超え 今宵も 貴方に逢いに行く

貴方が開かない この扉の奥で
貴方が訪れない この秘密の館で

現在
過去
未来

何処までも 何処までも 絡み合い

かけられた 愛の魔法 ・・・
永遠に 胸の奥へ 沈めてしまえ





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/13
秋のトンネル

暖かな陽射しと 冷たい空気が
入り混じった 透明な空間を
紅 黄 橙 ・・・
鮮やかな落ち葉が 風と戯れる

空高く澄み渡る蒼色
真っ赤に染まる夕焼け

全てが 晩秋のなかにある
それはまるで 秋のトンネル

そして 何時しか ・・・
刻は全てを 埋め尽くし
真っ白な 銀世界へと誘う

トンネルの 向こう側は
貴方だけの 景色ではなく
私だけの 景色ではなく
ふたり重なる 景色へと繋がっている




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/10
★ お墓参り

Category :  空色の童話
大きな手 父の手
優しい手 母の手
小さな手 私の手

こんなふうに三人 手を繋いで歩いたのかな?
幼い頃の記憶を模索しても みつからない

いろいろな 家族の形があり
どれが正しくて どれが間違っているなんて
誰にも 決める事なんて 出来ない

いっぱい 泣いて
いっぱい 憎んで
いっぱい 笑って
いっぱい 甘えて

今なら 解かるよ
いっぱい 守られていたんだ
いっぱい 愛情を貰っていたんだ

いろいろな 家族の形があり
どれが正解で どれが不正解なんて 解からないけれど

優しさを いっぱい ありがとう
笑顔を いっぱい ありがとう

正解は 私の心の中にあるの 
お父さんとお母さんの子供に生まれて
「 私は誰よりも幸せです 」

大きな心 父の想い
優しい心 母の想い
私の心と 繋がっていた

こんなふうに三人 心を繋いでいたよね
幼い頃の記憶の中 いつも笑っている私がいるの

ありがとう お父さん
ありがとう お母さん

秋の一日 墓前に手を合わせた




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/07
誓 い

夜空を 見上げれば
煌めく 満天の星
静かに刻む 時の流れに
そっと 瞳を閉じた

絡めた指先から 伝わる温もりに
頬をつたう 幸せの雫
静かに 穏やかに
深い海の底へと 落ちていく

繋いだ心を 確かめ合うように
愛しい想いを 伝え合うように
優しく あたたかく
流れる刻を 感じたい

星屑を散りばめた 夜空
月の灯りに 包まれて
緩やかに 流れる風に
そっと 瞳を閉じた

もう二度と戻らな この瞬間に
二人寄り添い 想いを重ね合い
時を 忘れるかのように
そっと指先を絡め 心を繋ぐ

静寂の 世界に
鼓動の音を 刻み
ゆっくりと・・・
ゆっくりと・・・
静かに 流されて

永遠を 誓う心に
あなたの温もりを 感じながら
ゆっくりと・・・
ゆっくりと・・・
深い海の底へと 落ちていく
 



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/11/04
優しい雨

Category :  空色の童話

両手で痛いほど 抱きしめて
暗い部屋の片隅で 唇を噛み締める

泣かないよ
大丈夫だよ
いつものことだから

考えてみて
何も変わってないじゃない
今までと 何も変わってないじゃない

いつもと 同じだよ
今までと 同じだよ
心が孤独な事なんて
ずっと慣れていたはずじゃない


空はこんな日も 優しいね
私の代わりに 大粒の涙雨

秋の雨は こんなにも冷たいのに
頬に当たる 雨は
私の心を 癒してくれる

泣いてなんていないよ
空が代わりに 泣いてくれるから
冷たい雨が 気持ちいいよ
このままずっと 此処に居てもいいかな ?
雨がやむまで
私が空の涙を 受け止めてあげるから




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

プロフィール

sora

管理人:sora
・ 空色の童話
・ 星屑の童話
FC2ブログへようこそ!

空色の童話:sora

- お知らせ -
拙いブログですが・・・
「星屑の童話」共々
宜しくお願いします (*^^*)

07-09-08_15-55.jpg

20071009115756.jpg

DSCN0155.jpg

20071009115453.jpg

20071009120707.jpg

★はじめまして・・・★

どこまでも続く
青く透き通った高い空
今にも泣き出しそうな曇り空
星がキラキラ輝く
キレイな夜空 ☆
お月様はいつも私の内緒話を
黙って聞いてくれます
空は優しくて
心をあたたかく包んでくれます
どんな空も大好きです・・・☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ゆっくり マイペースで更新して
いきたいと思っています。
気が向いた時には
たまに遊びに来て下さいね♪
[ -詩集- ]
・届かない想い
・伝えたい気持ち
・創作の詩
・今の気持ち
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
掲載している詩&写真の
著作権は放棄していません。

★ 空色物語 ★

眠れない長い夜・・・
淋しくて涙が落ちそうな時
誰にも伝えられない想いを
いつも いつも・・・
空は黙って聞いてくれるね
空は優しく包み込んでくれるね
「お月様が いつかきっと
願いを叶えてくれるから」
“内緒だよ”って・・・
空がそっと教えてくれた

カテゴリー
空色の童話

とても大切な想いは
私の中で一番ならいい
そう思えるようになったの
近づけば近づく程に
貴方を遠くに感じて
壊れてしまうのが怖かった
貴方からも そして この想いから
何度も逃げ出したくなったの
淋しくて哀しくて
消えてしまいそうだった
でも もう大丈夫
大切なのは
私の中の気持ちだと気づいたの
私の中での一番が
ずっとずっと貴方である限り
この気持ちは壊れたりしないよね
その想いだけで大丈夫
その想いだけで幸せになれる
もう迷わないよ♪
私の中の一番は
ずっとずっと貴方だから・・・

想いを繋いで

Image259.jpg

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
空の写真:sora

P1000080.jpg

Image249.jpg

P1000077.jpg

最近の記事
素敵なリンク

リンク
空の写真:sora

20070913114016.jpg

20071122194326.jpg

20071115075243.jpg

20071112075142.jpg

2007.11.18.jpg

07-11-26_06-25.jpg

20071225113212.jpg

20071225113520.jpg

20071225113549.jpg

20071225113613.jpg

20071225113601.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。