空色の童話 -詩集-

空は全てを包み込んでくれる 私の一番の友達♪

この背景は「Atelier Black/White様」の画像素材をお借りしています。
素敵な作品ばかりですので、是非ご訪問してくださいね。

2016/10/31
★ Halloween

Trick or Treat ・・・

部屋の隅? カーテンの影?
隠れてないで 貴方の心を 奪いに来たの

キャンディなんて いらない
クッキーなんて 子供だまし
チョコレートは大好きだけど・・・ 騙されたりなんてしない

誰にも見つからない 新月の夜
夜空だって 私のみかた

部屋の扉を 小さく叩く
Trick or Treat ・・・
何処にいるの? 

もぎたてのフルーツ
甘いケーキ
貴方の欲しいもの 何だってあげる

隠れたって無駄よ
貴方の心を さらいに来たの

ハロウィンパンプキンを被って
漆黒の真夜中 貴方を連れ去りに来たの




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/10/28
秋の夜

満月の夜に 雨の滴
「 またねっ 」
約束したのに ・・・

空 淋しいの ?
空 哀しいの ?
空 泣いているの ?

頬を流れる 冷たい雨


遮る大きな傘 ? 腕 ? 貴方の笑顔 ?
「 忘れちゃ駄目だよ 」
空が無ければ 月も存在できないんだ
空の上 月は消滅したりしないから

悲しみが降り続く そんな時も
信じ合うことで もっと強くなれる

どんな時も 空の上 ・・・
此処に 真実があること 決して忘れない





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/10/25
貴方の元へ

秋の景色 透き通った風に高い空 そして ・・・ 

校庭が 果てしなく広いグランドに見えた 小学生の頃 
今は同じ風景が 驚くほど小さく見えることだろう 

そんな違和感を感じた時期もあったのに ・・・ 遠い昔 ?


小学生の頃 白線の手前に立ち 
高鳴る鼓動に押し潰されそうな程の 緊張感を感じていた 

「よーい」ドン! 先生の声 
「よーい」パチン! 拍手の音 

なのに本番になると
「よーい」 そして スタートはピストルの音に変わる 

その音が怖くて・・・ 走る緊張感以上に 心臓を高鳴らせた 

走り出してしまえば 平気なのに 
寸前までの緊張感を 全て忘れて走り出す 

肌が透き通っていく 。。。  風になる瞬間 。。。
 

貴方の元へ 「よーい ドン」

そんなふうに なれたらいいのに ・・・ 






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/10/22
星の雫

Category :  空色の童話
手を伸ばしても
その輝きに 触れられないこと
わかっている



背伸びしても
あの空に 届かないこと
知っている



それでも ・・・
それでも ・・・



心が 理解してくれないの



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/10/17
★ 秋想い

Category :  空色の童話
そっと 過ぎ去っていく 秋
とり残されたのは 私だけ ?

枯葉色に 染められる 心
幾重の想いも 風に舞い落ちる
 
貴方の背を 見つめる事しか出来ず
名前を呼ぶ声さえ 涙にかすれ 秋に溶けていく


どれだけの 時間が経ったのなら
夕陽に染まる 空を
悲しく 感じなくなるのだろう ?

どれだけの 時がすぎたのなら
夕闇に包まれる 空を
淋しく 感じなくなるのだろう ?
 

真っ黒な空に 流れ星 ひとつ
貴方は 何を 願うの ?

繋いだ心 同じ未来を 見つめることが出来たなら
ただ それだけで 他には何も 望まない
願い事は ひとつだけ
それは 永遠に 変わったりしない


貴方を 誰よりも愛している ・・・

恋心 
雪化粧を まとい 
白い冬へと 舞い上がれ




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

Category :  空色の童話
浮かんでは消える 無数の言葉に
感情を表す言葉が みつからない

幾千枚もの ピースの中から 
たったひとつの 形を探す ・・・

今日も 明日も 明後日も 繰り返す作業

同じ日は 二度と訪れない筈なのに
感情の波は 繰り返し繰り返し 押し寄せる


土砂降り雨が過ぎ去った 夕暮れの空が
切ないほどに優しくて 涙が零れた





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/10/05
★ 秋の空

空は高く高く 何処までも高く
手を伸ばしても 届かない事 初めから知っていた


例えば人ひとり 突然会えなくなったとしても
何も変わらない日常が 其処に在る

例えば人ひとり 突然姿を消してしまったとしても
いつも通り 日々は流れていく

もしも それが 貴方だったとしたら ?
もしも それが 私だったとしても ?


永遠は果てしなく
想いは深く深く 何処までも深くて

空は高く高く 何処までも高くて
触れること 叶わないと 初めから解かっていた

それでも 貴方の空と繋がっていると 信じている
何があっても 同じ空を見上げていると 信じている

涙が零れないように 天を仰ぎ

明日も ・・・  明後日も ・・・ 
蒼く拡がる 高い空に 想いを馳せ
暗闇を包み込む 優しい月に 抱かれ

いつも 一緒だと ・・・




プロフィール

sora

管理人:sora
・ 空色の童話
・ 星屑の童話
FC2ブログへようこそ!

空色の童話:sora

- お知らせ -
拙いブログですが・・・
「星屑の童話」共々
宜しくお願いします (*^^*)

07-09-08_15-55.jpg

20071009115756.jpg

DSCN0155.jpg

20071009115453.jpg

20071009120707.jpg

★はじめまして・・・★

どこまでも続く
青く透き通った高い空
今にも泣き出しそうな曇り空
星がキラキラ輝く
キレイな夜空 ☆
お月様はいつも私の内緒話を
黙って聞いてくれます
空は優しくて
心をあたたかく包んでくれます
どんな空も大好きです・・・☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ゆっくり マイペースで更新して
いきたいと思っています。
気が向いた時には
たまに遊びに来て下さいね♪
[ -詩集- ]
・届かない想い
・伝えたい気持ち
・創作の詩
・今の気持ち
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
掲載している詩&写真の
著作権は放棄していません。

★ 空色物語 ★

眠れない長い夜・・・
淋しくて涙が落ちそうな時
誰にも伝えられない想いを
いつも いつも・・・
空は黙って聞いてくれるね
空は優しく包み込んでくれるね
「お月様が いつかきっと
願いを叶えてくれるから」
“内緒だよ”って・・・
空がそっと教えてくれた

カテゴリー
空色の童話

とても大切な想いは
私の中で一番ならいい
そう思えるようになったの
近づけば近づく程に
貴方を遠くに感じて
壊れてしまうのが怖かった
貴方からも そして この想いから
何度も逃げ出したくなったの
淋しくて哀しくて
消えてしまいそうだった
でも もう大丈夫
大切なのは
私の中の気持ちだと気づいたの
私の中での一番が
ずっとずっと貴方である限り
この気持ちは壊れたりしないよね
その想いだけで大丈夫
その想いだけで幸せになれる
もう迷わないよ♪
私の中の一番は
ずっとずっと貴方だから・・・

想いを繋いで

Image259.jpg

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
空の写真:sora

P1000080.jpg

Image249.jpg

P1000077.jpg

最近の記事
素敵なリンク

リンク
空の写真:sora

20070913114016.jpg

20071122194326.jpg

20071115075243.jpg

20071112075142.jpg

2007.11.18.jpg

07-11-26_06-25.jpg

20071225113212.jpg

20071225113520.jpg

20071225113549.jpg

20071225113613.jpg

20071225113601.jpg