空色の童話 -詩集-

空は全てを包み込んでくれる 私の一番の友達♪

この背景は「Atelier Black/White様」の画像素材をお借りしています。
素敵な作品ばかりですので、是非ご訪問してくださいね。
Category :  空色の童話
どうしようもなく 貴方に惹かれ 
離れられなくなっている 私がいる

本当は 形あるものに永遠なんて
存在しない事 解かっているのに

どうしようもなく 貴方に惹かれ
永遠を追い求めてしまう 私がいる

それは ・・・ 多分
貴方と 過ごした時間を
私の脳は 忘れることを許さないから

それは ・・・ 多分
貴方を 愛したことを
私の心は 消すことを許さないから

いつまでも
どこまでも
不確かな証しを 探す旅は終わらない




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/08/26
★ 移ろい

Category :  空色の童話
時間が 過ぎ
月日が 流れ
季節が 移り

いろいろな事が 変わっていく

意思とは別に 全てが 変わってしまう
日常も 風景も 心までも ?


何も悪くないよ
誰も責めたりなんてしないよ

本当は
全て 自分で決めた 結論なのかも知れないね

それさえも 自分自身では 気づけなくて



きっと ・・・
きっと ・・・
変わらないのは 私の想いだけなのかな ?


大切な 想い出を
本当に 本当に ありがとう


私は 変わったりしないよ
うんん きっと 変われないんだ 

いつまでも いつまでも 幸せを願っている
ずっとずっと  感謝の気持ちを 忘れない




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/08/24
戸惑い

Category :  空色の童話
揺れる心に 
泣きたくなったの・・・

『 少しだけ ほんの少しだけ
  手を繋いでもいいですか? 』



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/08/19
繋いだ手

貴方と出逢うまでは


大切な 想い 愛 夢 願い  ・・・

失わないように しっかりと掴んでいた
離さないように 強く握り締めていた
落とさないように 必死になっていた

がんばって がんばって がんばって


なのに ・・・
気付くと いつも 
指の隙間から 擦り抜け 何処にも見つからない

其処には 
抜け殻の 私がいた

掌で ・・・
拭った雫
涙の泉 




「 辛い時は 弱音を言っていいんだよ 」

全てが無駄じゃないってこと
いつか解かる日が 必ず来るから


「 悲しい時は 泣けばいいんだよ 」

その涙が 幸せを教えてくれる
いつか笑える日が きっと来るから


手を繋いだ指先から伝わる
優しさが ・・・
温もりが ・・・

凍えた心を  そっと溶かしていく


強く握り締めていなくても いいんだ
必死に掴んでいなくたって 大丈夫なんだ

耳元で囁く 貴方の声
「 一度繋いだら もう二度と離せないな 」

優しさが 強さだと
その手の温もりが 教えてくれた



「 ねぇー! たまには ギュッて・・・ 」
「 それなら こっちかな? 」 

貴方の香りに 包まれる瞬間
一瞬が 永遠に 変わった





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

Category :  空色の童話
ありがとう
見送ってくれなくても 大丈夫
私は 平気
泣いたりしないよ


降り立ったホームは 見知らぬ景色
ただ ・・・
ただ ・・・
貴方だけを頼りに 此処まで来たの

貴方の笑顔が 
不安も迷いも 全て取り除いてくれる

ただ ・・・
ただ ・・・
貴方に逢いたくて 此処まで来たの

神様は意地悪で 楽しい時間は 
いつも一瞬に 過ぎてしまう 。。。


駅前のターミナル
「 さよなら 」 のキスじゃなく
「 またね 」 のキスと信じて
見つめ合い 微笑みを交わす

別れの時間 瞳の奥に溢れる涙
つかなきゃいけない 嘘もあるよね
最大限の 強がり 
気付かないふりをしていてね




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/08/11
魔法の一粒

Category :  空色の童話
大きな ミルクキャラメル ひとつ
口に頬張る

懐かしい味が 記憶を旅する

幼い頃 泣き虫だった 私を 
一瞬で 笑顔に変えた 一粒

校内マラソン大会
ご褒美 体力回復の 一粒  

「 キャラメルと一緒に 歯が抜けちゃったよ ・・・ 」
「 えっ? 大丈夫? 」
と心配しながらも 顔を見合わせ 大笑いしたね


キャラメル一粒で 幸せを感じられた あの頃
無邪気な子どもだった頃の 夢を見た



今も何も 変わらないよ

大丈夫だよ ・・・

哀しみに耐え もう 苦しまないで
痛みに震え もう 泣かないで


悲しみを 感じているのは キミの中の心
辛い気持ちを 抱え込もうとしているのは キミ自身

元気を出して ・・・
キミの心は誰のものでもなく キミだけのものだから 
キミ自身が 作り出しているんだよ

だから 笑って
そして 前を向こう

大きな ミルクキャラメル ひとつ
痛みを 消してくれるから

心の 重い荷物を 置き 
いつだって 今まで通り 手を繋いで
これからだって ずっと一緒に 歩いていけるよ

ミルクキャラメル ひとつ 握りしめて ・・・






テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/08/07
★ こころ

Category :  空色の童話
どんなに追い駆けても 追いつくことのない
どんなに願っても 叶うことのない
そんな 想いも ある

「ポクの愛はあげられない」
解かっているよ 
でも・・・ どうしようもないの

「キミの側には居られないんだ」
知っているよ
でも・・・ 忘れることなんて出来ないよ

届かないって
振り向いて貰えないって
そんなこと 最初から理解していたの

でも
でもね
どうにもならない想いだって 解かっていても
どうしようもない想いだって あるんだよ


何も 望まない 。。。

ただ
ただね
枯れることなく 尽きることなく
私の中で 消えなければ それでいい

ありのままの弱さと 向き合う強さをもって
想いは 誰のものでもなく 私自身のものだから





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

2016/08/04
鼓 動

Category :  新月の空
逢いたいよ
逢いたいよ
逢いたい ・・・

繰り返す言葉 繰り返される言葉は
果てなく 心に木霊する

消えたりなんてしない
消せる訳なんてないじゃない

こんなにも 愛おしい気持ち

心の中に 燃える炎は ・・・
静かに 穏やかに
熱く 激しい

届いていますか ?
私の 鼓動 ・・・





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

プロフィール

sora

管理人:sora
・ 空色の童話
・ 星屑の童話
FC2ブログへようこそ!

空色の童話:sora

- お知らせ -
拙いブログですが・・・
「星屑の童話」共々
宜しくお願いします (*^^*)

07-09-08_15-55.jpg

20071009115756.jpg

DSCN0155.jpg

20071009115453.jpg

20071009120707.jpg

★はじめまして・・・★

どこまでも続く
青く透き通った高い空
今にも泣き出しそうな曇り空
星がキラキラ輝く
キレイな夜空 ☆
お月様はいつも私の内緒話を
黙って聞いてくれます
空は優しくて
心をあたたかく包んでくれます
どんな空も大好きです・・・☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ゆっくり マイペースで更新して
いきたいと思っています。
気が向いた時には
たまに遊びに来て下さいね♪
[ -詩集- ]
・届かない想い
・伝えたい気持ち
・創作の詩
・今の気持ち
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
掲載している詩&写真の
著作権は放棄していません。

★ 空色物語 ★

眠れない長い夜・・・
淋しくて涙が落ちそうな時
誰にも伝えられない想いを
いつも いつも・・・
空は黙って聞いてくれるね
空は優しく包み込んでくれるね
「お月様が いつかきっと
願いを叶えてくれるから」
“内緒だよ”って・・・
空がそっと教えてくれた

カテゴリー
空色の童話

とても大切な想いは
私の中で一番ならいい
そう思えるようになったの
近づけば近づく程に
貴方を遠くに感じて
壊れてしまうのが怖かった
貴方からも そして この想いから
何度も逃げ出したくなったの
淋しくて哀しくて
消えてしまいそうだった
でも もう大丈夫
大切なのは
私の中の気持ちだと気づいたの
私の中での一番が
ずっとずっと貴方である限り
この気持ちは壊れたりしないよね
その想いだけで大丈夫
その想いだけで幸せになれる
もう迷わないよ♪
私の中の一番は
ずっとずっと貴方だから・・・

想いを繋いで

Image259.jpg

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード
空の写真:sora

P1000080.jpg

Image249.jpg

P1000077.jpg

最近の記事
素敵なリンク

リンク
空の写真:sora

20070913114016.jpg

20071122194326.jpg

20071115075243.jpg

20071112075142.jpg

2007.11.18.jpg

07-11-26_06-25.jpg

20071225113212.jpg

20071225113520.jpg

20071225113549.jpg

20071225113613.jpg

20071225113601.jpg